庚午動物病院


HOME > 猫の病気予防

猫の病気予防

春から秋は要注意!清潔を第一に予防しましょう

ノミ・ダニ対策

ノミは皮膚炎や貧血の原因や、条虫などの寄生虫の媒介にもなります。
また、人への媒介感染の危険もあるので注意が必要です。

ノミ・ダニ対策の飲み薬、塗布剤、グッズを使用する場合は、動物病院でご相談ください。
ノミ・ダニが活発になる春~秋は、特にペット用品の洗濯、洗浄や室内の掃除をこまめにしてください。

さまざまな病気に備えてワクチン接種を

ワクチン接種

猫白血病、猫汎白血球減少症などは、いずれも命にかかわる危険な病気です。
感染してしまう前に、ワクチン接種を受けておきましょう。

生後1ヶ月齢くらい 検便と駆虫
生後2~3ヶ月齢の間 「ワクチン」の接種
上記接種から1ヵ月後ぐらい 「混合ワクチン」の追加接種

※接種の目安は上記の通りですが、詳しくはご相談ください。

大切な家族のことを対処してあげるために

避妊・去勢手術

メスの場合、避妊手術によって、子宮・卵巣などの病気や乳腺腫瘍ができる可能性を低くすることができ、
発情期の行動を起こさなくなります。
オスの場合は、去勢によって尿スプレー行動やケンカをする可能性が少なくなります。
ペットの繁殖については、きちんと責任をもって考えておきましょう。

避妊・去勢手術の目安
生後6カ月までに手術をおすすめする場合が多いですが、詳しくはご相談ください。

お問い合わせ:ワクチン接種や避妊・去勢手術など、お気軽にメールでお問い合わせください。